10:58 2021年09月27日
東京2020オリンピック
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
0 01
でフォローする

国際オリンピック委員会(IOC)は4日、東京五輪に合わせて実施されたIOC選手委員改選の投票結果を発表した。新たに4人の選手委員が選出された。

今回の改選枠は4人で、バスケットボールのパウ・ガソル氏(スペイン)、自転車競技のマヤ・ヴロショフスカヤ氏(ポーランド)、競泳のフェデリカ・ペレグリニ氏(イタリア)、フェンシングフルーレの太田雄貴氏(日本)が当選した。

選挙は東京オリンピック大会開催期間を中心とした7月13日から8月3日まで実施され、6825人の五輪選手が投票に参加した。投票率は61.27%で、1996年アトランタ大会から実施以降、最高率となった。IOC選手委員には19競技30か国から30人が立候補していた。

現IOC選手委員にはロシアから陸上のエレナ・イシンバエワ氏もメンバーに入っている。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント