13:22 2021年09月18日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 37
でフォローする

国際オリンピック委員会(IOC)は、ベラルーシのクリスティナ・ツィマノウスカヤ選手を取り巻く状況に関連して、ベラルーシ・オリンピック委員会に対して懲戒処分を下す可能性がある。IOCのマーク・アダムス広報部長が記者団に語っている。

アダムス氏は、IOCがこの状況に「迅速に対応」し、ベラルーシや他の国の選手らと対話を行っていることを記者会見で明らかにした。それらの結果を受けて、IOCは「どのような懲戒処分をとることが可能か」を判断する予定だという。

これよりも前、アダムス氏は、IOCはツィマノウスカヤ選手を取り巻く状況に関連した調査を行い、そのための特別委員会を設置すると発表した。

ツィマノウスカヤ選手は先日、東京五輪でベラルーシのコーチ陣の要求に応じることを拒否し、その後、ベラルーシの代表団は同選手を帰国させることを決定した。帰国を拒み、亡命を希望したツィマノウスカヤ選手は、IOCと駐日ポーランド大使館の協力を得て人道的ビザを取得し、オーストリアを経由し4日にポーランドに到着した。

タグ
ベラルーシ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント