21:03 2021年09月20日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 33
でフォローする

日本の菅首相は10日、米国のバイデン大統領と電話で会談した。バイデン大統領は東京オリンピックについて、素晴らしい成功を収めたとして祝意を示した。それに対し菅首相は東京パラリンピックも安全・安心な大会にしたいという考えを伝え、協力を求めた。NHKが報じている。

両首脳の電話会談は日本時間10日午前8時半頃に開始し、約15分間にわたり行われた。開会式出席のため日本を訪れたジル夫人も同席した。会談では、バイデン大統領は8日に閉幕した東京オリンピックについて、素晴らしい成功を収めたとして、日本政府や日本国民に対して祝意を示した。

これに対し菅首相は「今回のオリンピックは、新型コロナという困難な状況の中で開催が1年延期され、様々な制約のもとでの大会となったが、開催国としての責任を果たし、無事に終えることができた」と述べ、米国による一貫した支持と協力に謝意を伝えた。

そのうえで菅首相は、8月24日に始まる東京パラリンピックについても、安全・安心な大会の実現に向けて尽力するという考えを伝え、協力を求めた。バイデン大統領も強く支持する考えを示した。

このほか両首脳は日米同盟の強化や、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け、引き続き緊密に連携していく意向を確認した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント