13:24 2021年09月18日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 111
でフォローする

8日に閉幕した東京オリンピック。新体操ではウズベキスタン団体チームがセーラームーンとなって登場したことが話題となった。同チームはセーラームーンのアニメ音楽を使用し、衣装や姿はまさにセーラームーンだった。

これは偶然の一致などではなく、チームは演技の曲にセーラームーンのテレビ版主題歌である「ムーンライト伝説」を使用した。

​ウズベキスタンチームは予選初日、5ボールの「セーラームーン」の演技で5位につけた。しかし2日目の結果で9位となり、決勝進出は果たせなかった。メダルには遠く及ばなかったが、開催国の文化を取り入れた演技で多くのファンを獲得したようだ。

他競技でセーラームーンを演技に取り入れた選手としては、ロシアのフィギュアスケーター、エフゲニア・メドベージェワ選手がよく知られている。

タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント