02:37 2021年09月26日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 40
でフォローする

25日、東京パラリンピックの競泳女子100メートルバタフライで、ロシアパラリンピック委員会(RPC)のワレリヤ・シャバリナ選手(26)が世界記録を更新して優勝した。

25日に行われた競泳女子100メートルバタフライS14(知的障害)決勝。ロシアパラリンピック委員会のシャバリナ選手が1分03秒59と、これまでの世界記録(1分03秒68、2019年)を更新、同時に大会記録も更新して優勝を飾った。

決勝に先立ち予選2組に出場したシャバリナ選手は1分05秒37のタイムで大会記録を更新、予選1位で通過していた。

パラリンピック東京大会の競技は8月24日から9月5日にかけて行われ、RPCからは242人が参加。非公式の国別メダル争いの首位は金2のオーストラリア。


東京オリンピック・パラリンピックに関するニュースをこちらからご覧になれます。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント