01:55 2021年09月19日
中東

アフガニスタンのタリバン情勢

8月15日、タリバンの武装戦闘員らはアフガン全域を占拠し、事実上、国の中枢を手中に収めた。これは20年駐留し続けた米軍が撤退し、文字通り数週間の後に起きた。7月8日の時点では、バイデン米大統領は記者会見でタリバンはアフガンを占拠できないと語っていた。

タリバンは8月15日朝、首都カブールへの進軍を宣言し、同日夜にはこれといった抵抗に遭うこともなく首都入りし、大統領宮殿に侵入した。その数日前にタリバンはカンダハル、ヘラートといった大都市を手中に収めていた。

アシュラフ・ガニー大統領は「大虐殺を防ぐため」に国を離れると宣言し、飛行機でアフガンを脱出している。大統領はタジキスタンを目指して脱出し、そこからさらに第三国に行くものと見られている。

米国、多くの欧州諸国はカブールに駐在する外交官を国外に脱出させている。カブール空港はアフガンに残る最後の航空機に乗り込もうとする多くの市民でごった返している。

続きを見る