12:00 2020年04月01日
テック&サイエンス

がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか

がんは、食道がんから骨肉種まで広範囲に及ぶ腫瘍学的疾患の総称。正常な細胞から突然変異で生まれたがん細胞が制御不能な増殖・分裂を繰り返すことで、悪性腫瘍が成長する。

正常な細胞が一体いつ、どこで、どのように変異を起こしてしまうのかを100%予測する方法はまだない。

医学界が把握しているのは、細胞が突然変異を起こす可能性を増大させる「発がん性」因子、「腫瘍を引き起こす」因子のみ。その因子とはすなわち、放射線、毒性物質の被ばく、身体の免疫力低下など。しかしそれらが100%の確率でがんの発症に繋がる訳ではなく、逆もまた然り。最新の治療法を使っても、腫瘍発生のリスクを完全に防ぐことはできない。

がん治療の最も重要な問題は、人間の免疫系ががん細胞を遺物として認識しないことにある。

その結果、身体は体内の異物に反応せず、何が問題なのかを「理解しないまま」死んでしまう。

しかし、医師が患者にがん細胞を破壊する薬を注射すると、免疫系はその薬を攻撃者として認識する。そのため研究者らは、腫瘍を破壊し、新たな腫瘍の発生を防ごうと、巧妙かつ特殊な方法に訴えてきた。

スプートニクはがん撲滅に関する最新ニュースをお届けしています。