08:09 2018年10月20日

トピック

スポーツ

FIFA収賄スキャンダル

国際サッカー連盟(FIFA)の高官10人以上が収賄罪で2015年5月27日、スイスの首都チューリッヒで逮捕された。

今回、スキャンダルが持ち上げられた原因として、専門家らの間からはその裏に長きに渡って英国マスコミが展開する作戦があるとの声が上げられている。英国は2018年の開催権を獲得したカタール、2022年の開催権を手にしたロシアをいわゆる「アンチ・フェアプレー」に加担したとして、除外しようとする試みを止めていないというのだ。