00:51 2019年11月21日
トピック
日本

フクシマ=事故処理と大変動後の生活

日本で2011年3月11日、大きな地震とそれに続く津波が発生し、その規模と影響に関してチェルノブイリ原発事故に匹敵する国内外で最大規模の人災を引き起こした。

それ以来、日本は手を休めることなく事故処理に取り組んできた。

世界の他の国々も日本とともにあり続け、さまざまな国の専門家たちが、福島第一原子力発電所の収束作業だけでなく、世界中の原発を注意深く見守っている。

収束作業の進捗状況はどうなのか?専門家たちの意見とは?「フクシマ後」の世界で一般的な日本人はどのような生活を送っているのだろうか?原子力産業は事故からどのような教訓を得たのか?

スプートニク日本の東日本大震災からの復興や、福島第一原発関連の記事をご覧ください。