07:21 2018年12月13日
ポール・クレイグ・ロバーツ

ロシアを悪魔視することこそ世界の脅威

© 写真 : photography supplied by author
米国
短縮 URL
0 50

欧米メディアは「プロパガンダ省」に堕し、ロシア脅威論を人々の頭に植え付けているが、ロシアを悪魔視することこそが真の脅威であり、その脅威は米国に発する。米国の政治家・経済学者ポール・クレイグ・ロバーツ氏はこう主張している。

「明らかに、米国および世界全体にとっての脅威はワシントンにこそいる。モスクワではない」と自身のブログに、ロバーツ氏。その脅威の源はグローバルなヘゲモニーに関する米国のイデオロギーだという。

同氏によれば、欧米のプロパガンダ・マシーンは二つの核超大国の信頼を断ち切った。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント