07:52 2018年09月24日
CIA本部

CIAはイラク侵攻の根拠として使われた秘密書類を公開した

© REUTERS / Larry Downing
米国
短縮 URL
0 70

NIC(国家情報会議)は13年前、93ページに及ぶ秘密報告書を作成した。イラク侵攻の必要性を正当化するのに用いられたものだ。しかしこの報告書には、大量破壊兵器の存在を示す具体的な情報が欠けていた。

米国社会をイラク戦争に向けて温めるために政府は、この秘密文書を根拠に、イラクが核兵器の開発に邁進していること、化学・生物兵器を大量の保有していることには疑いがない、と主張し、それが米国の国家安全保障にとっての直接的かつ深刻な脅威であることを強調した。

ついに議会は、ブッシュ政権はイラクの脅威という暗い警戒の現実性を過大評価していたのであり、イラクの大量破壊兵器開発を語るブッシュ政権の声明は諜報機関の調査に裏付けを持つものではなかったと結論した。しかし、イラク侵攻の正当化に使われたこの書類、「国家諜報報告」(National Intelligence estimate、NIE)と題されたそれは、今日の日まで公開されなかった。

Iraq October 2002 NIE on WMDs (unedacted version)

タグ
中央情報局, イラク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント