01:41 2017年03月31日
東京+ 12°C
モスクワ-1°C
    米国の護送隊「Dragoon Ride」

    米国の学者:米国は今日、望む者を誰でも攻撃できる

    © AP Photo/ Mindaugas Kulbis
    米国
    短縮 URL
    0 1595218

    2001年9月11日にNYで起こったテロの後、米国大統領は、もし米国の国益を脅かす国があれば、国際法を無視して世界のいずれの国をも攻撃できる権限を手にした。ドイツのビジネス紙Deutsche Wirtschafts Nachrichtenが行ったインタビューで、ニューヨークのイェシーバー大学の法律学者、デボラ・パールステイン氏が述べた。

    オバマ大統領は、テロ組織「イスラム国」に対する軍事行動に踏み切ったとき、9月11日以後議会が採択した法規の許容する行動である、と述べた。「軍事力使用の許可」(AUMF)と名付けられた法律だ。同法は米国大統領に対し、「もし2001年9月11日のテロを首謀したと判明すれば、国、団体、人に対して必要かつ十分な軍事力を使用する」権限を与え、また、「米国に対する将来のあらゆるテロ攻撃を予防するため」、テロを支援し、テロ犯の逃亡に便宜を供与したすべての者に軍事力を使用する権限を与えるものとなっている。

    AUMFの拡大解釈によって、もし米国大統領がある者をテロ対策法の適用対象と判断すれば、あらゆる人または施設を攻撃できる、未曽有の権限が生まれる。米国は宣戦布告もなしに、あらゆる主権国家を攻撃できる。法律は米国大統領を地理的にさえ制限しないのである。法律学者が語った。

    関連:

    米メディア:米国は超大型の空爆を実験した
    イランとの合意は米MDの欧州展開にはつながらない
    グアテマラ市民、人体実験について米国から10億ドルの賠償求める
    米国でバクテリアを越える超バクテリアが発見。飛沫感染で地球規模の伝染病誕生の脅威
    米国に逆らった韓国
    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント