12:42 2018年07月23日
ウィキリークス ソニーとホワイトハウスの関係を暴く

ウィキリークス ソニーとホワイトハウスの関係を暴く

© AP Photo / Damian Dovarganes
米国
短縮 URL
0 69

内部告発サイト「ウィキリークス」は、2014年11月に流出したソニー・ピクチャーズエンタテインメントの内部文書をサイト上で公開した。 「ウィキリークス」のプレスリリースによると、ソニーは、インターネット政策、海賊行為、著作権などに関して米ホワイトハウスに積極的に働きかけていたという。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、サイバー攻撃は犯罪だと指摘し、流出した文書の公開を非難した。

「ウィキリークス」は、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの2万0200件以上の内部文書、約17万3000件の電子メール、約2200件のEメールを公開した。

「ウィキリークス」はプレスリリースで、「世間に知られているソニーの活動は娯楽の制作だ。一方で内部文書は、大企業ソニーが舞台裏でホワイトハウスとつながりを持ち(内部文書に米政府の1000件以上のEメールが含まれていた)、法律や政策に影響を与える可能性を持ち、米軍産複合体ともつながりを持っていることを示している」と指摘している。

サイトで報じられたところによると、ソニーはインターネット制作、海賊行為、貿易協定および著作権に関して積極的にロビー活動していたという。

サイトで公開された文書は、同社の代表者たちがこれらのテーマについて政治家たちと直接協議していたことを示している。そのほかメールのやり取りなどは、ソニーと米民主党との緊密な関係を物語っているという。

その他にも、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントのマイケル・リントン代表取締役が、オバマ米大統領と一度ならず食事をしていたと指摘されている。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント