15:23 2018年10月23日
米政府へのハッカー攻撃の犯人は誰か?もちろんロシアさ!?

米政府へのハッカー攻撃の犯人は誰か?もちろんロシアさ!?

© Fotolia / Brian Jackson
米国
短縮 URL
0 07

米国のコンピューターセキュリティ対策会社Fire Eyeは、4月13日にサイバー攻撃に関する情報を記録したと主張している。通信社Bloombergによると、サイバー攻撃の背後には、ロシアのハッカー集団がいるという。

Bloombergは、ハッカーたちが「制裁政策に関する議論の情報を入手しようとして、これまで知られていなかったWindowsとAdobe Systems社のFlashの欠陥を利用した」と報じた。

サイバー攻撃の目的は、「制裁政策について米国と協議を行った別の国の政府機関」だという。なお、どの国を指しているのかについては明らかにされていない。

関連:

米国の軍事サイバーポテンシャル強化計画は新たな軍拡競争の引き金を引く
タグ
ハッカー, 露米関係, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント