07:10 2017年03月24日
東京+ 7°C
モスクワ+ 2°C
    パキスタンで米国の無人機によって人質死亡 オバマ大統領:致命的なミスは時折起こる

    パキスタンで米国の無人機によって人質死亡 オバマ大統領:致命的なミスは時折起こる

    © AP Photo/ Manuel Balce Ceneta
    米国
    短縮 URL
    0 1790216

    オバマ米大統領は声明を表し、中東で行われた米国の特別作戦の結果、人質2人が死亡したことを明らかにした。

    オバマ大統領は、国際テロ組織「アルカイダ」の人質となっていた2人の家族に謝罪した。伝えられたところによると、死亡したのは、米国人のウォーレン・ワインスタイン氏と、イタリア人のジョバンニ・ロポルト氏。

    オバマ大統領は、「我々は、アフガニスタンとパキスタンの国境地域で行われた『アルカイダ』を標的とした米国の対テロ作戦が、1月に偶然、ウォーレン氏とジョバンニ氏の非業の死を引き起こしたと考えている」と語り、「戦闘や我々の対テロ作戦の戦いの過程で、ミス、時には致命的なミスが起こっていることは、耐え難く残酷な真実である」と述べた。

    タグ
    バラク・オバマ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント