03:53 2017年03月27日
東京+ 5°C
モスクワ+ 5°C
    ボルチモアの暴動 手に負えない状況に陥る

    ボルチモアの暴動 手に負えない 状況に陥る

    © AP Photo/ Patrick Semansky
    米国
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    0 11788143

    米メリーランド州ボルチモアでの暴動は、手に負えない状況に陥っている。多くの混乱や暴力、略奪などを防ぐために、米政府はボルチモアで非常事態を宣言し、州兵を投入した。ボルチモアでは1週間にわたる夜の10時から朝5時までの夜間外出禁止令が発令された。

    ボルチモアでは25歳の黒人男性フレディ・グレイさんの葬儀が行われた後、住民たちが暴徒化した。グレイさんは警察に拘束された際に首の近くを損傷し、その後、病院で死亡した。なおグレイさんが負傷した原因は未だに不明だ。

    19日にグレイさんが死亡した後、ボルチモアでは先例のない抗議デモが行われた。事件の調査中に6人の警官が職務から外され、内部調査が続けられている。しかし抗議は収まらなかった。抗議デモの参加者たちは、建物や自動車に火をつけたり、店舗から略奪したり、警官に石を投げたりしている。警察によって少なくとも27人が逮捕された。衝突の結果、警察15人が負傷、うち6人が重傷を負った。警察は、暴動に未成年者が参加しており、親を呼んで子供たちを見つけて自宅へ連れて帰るよう呼びかけたと発表した。

    現地は手に負えない状況に陥っており、警察は、情勢の悪化を防ぎ、状況を管理化に置くために、催涙ガスを使用する用意があると発表した。これはボルチモア史上、最大規模の抗議デモだ。

    一方で黒人と警官との衝突はこれが初めてではない。2014年8月には、ミズーリ州ファーガソンで、18歳の黒人青年マイケル・ブラウンさんが警官に射殺され、米国の複数の都市で大規模な抗議デモが行われた。平和的デモのほか、暴力、略奪、破壊行為が、米国のほぼ全土を網羅した。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント