11:54 2017年07月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 14°C
    ボルチモア

    「オバマさん!デモ隊解散、 キエフではダメだったのに何故 ボルチモアではOKなの?」

    © AFP 2017/ Brendan Smialowski
    米国
    短縮 URL
    0 2251403

    米国のオバマ大統領は、ボルチモアでの暴力と騒乱行為を犯罪であると非難した。

    大統領は、日米首脳会談終了後開かれた安倍首相との合同記者会見の際、ボルチモアで起きた暴動に触れ「ボルチモアでの暴力や騒乱行為を正当化する事は出来ない。彼らは抗議などせず、何の発言もしなかった。したのはただ略奪だ。自分達の街の商店に火をつけ、自分達の隣人達にも被害を与えた。彼らは、犯罪者と見なされるべきだ」と述べた。

    ロシアのTV「NTV」が放映したオバマ大統領のこうした発言は、ロシアの視聴者の間で強い怒りを引き起こした。

    怒りのコメントを以下にまとめて御紹介したいー

    「なぜキエフでは民主主義を求める闘志達のデモで、ボルチモアでは犯罪者なのか? 称賛される米国の民主主義と民主主義的価値は一体どこにあるのか? もし神様というものがあるのなら、米国は、自分達が崩壊させたウクライナや他の国々の運命を繰り返す事になるだろう。

    まさにこれが米国のダブルスタンダード、二枚舌だ。キエフでは、同じことをしても、人権擁護に向けた平和的な抗議デモという事になる。かつて米国は、当時のウクライナ当局(ヤヌコヴィチ政権)に対し、自分達の立場を主張する人々の邪魔をするなと求めた。ところがどうだ!自分の国で、市民が自分達の意見を言おうとするのを抑え込むのか? 少なくとも、彼らにピロシキを振る舞ってはどうか(かつて米国の代表が、キエフを訪れデモ隊にビスケットを配ったように)!!」

    タグ
    インターネット, バラク・オバマ, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント