04:13 2018年06月23日
米連邦捜査局、政策に反しテロリストに身代金を支払い

米連邦捜査局、政策に反し テロリストに身代金を支払い

© AP Photo /
米国
短縮 URL
0 17

米国政府内の情報筋がアソシエイテッド・プレスに漏らしたところによると、米連邦捜査局は数年間にわたって国の政策に反し、国内外で誘拐された人質への身代金を支払っていた。

情報提供者によると、米連邦捜査局はこうした行為を合法化するため、2002年、ブッシュ・ジュニア政権下で採択された法の抜け道を使った。しかもこの抜け道は頻繁に使用されており、これにより連邦捜査局は誘拐者らと交渉を行い、それが諜報情報の収集ないし捜査に有効であると判断された場合は、誘拐者らを買収しようと試みていた。

これより前、ウォールストリートジャーナルの報道によれば、2012年連邦捜査局はある米国人一家のためにパキスタン人の仲介者を通し、国際テロ組織「アルカイダ」との交渉に協力。これにより、誘拐された米合衆国国際開発庁の職員、ウォーレン・ワインスタイン氏(70)の解放が試みられたが、失敗。ワインスタインさんは米国の飛ばしたドローンの攻撃を受けて死亡している。

関連:

西欧市民3500人がテロリストに加わる
IS戦闘員ら、イエメンでのテロ事件の責任は自分達にあると認める
タグ
テロ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント