07:00 2017年09月24日
東京+ 19°C
モスクワ+ 8°C
    2015年05月9日、米ニューヨーク州にあるインディアンポインド原子力発電所で火災が発生した。

    ニューヨーク州の原発で火災 ハドソン川に原油流出 (動画)

    © REUTERS/ Gustavus Gricius/Handout
    米国
    短縮 URL
    0 74244

    9日、米ニューヨーク州にあるインディアンポインド原子力発電所で火災が発生した。火災の後、変電所で爆発があった。ロシアのメディアが伝えた。

    目撃者たちは、爆発や立ち上る煙について語った。

    火災はすぐに消し止められ、原子炉に損傷はなかったが、爆発によって原油が流出した。

    漏れた原油はまず汚水タンクに入り、その後、地面に流れ出た。原油は地面からハドソン川に流出した。変電所が燃えた場所は、原油、発泡混合物、水で覆われて光沢を放っているという。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が発表した。

    現在、専門家たちが汚染の除去作業を行っている。

    インディアンポインド原発での事故原因は、変圧器の不具合。火災発生直後に消火システムが作動し、原子炉1基が停止、別の2基は通常運転を続けた。原発の作業員ならびに地元の住民への危険性は一切なく、避難も行われなかった。

     

    タグ
    事故, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント