02:25 2017年08月18日
東京+ 25°C
モスクワ+ 24°C
    ハザードシンボル

    米国で原子力災害の犠牲者のための薬剤が初めて認可される

    © AP Photo/ Ted S. Warren
    米国
    短縮 URL
    0 64332

    化学療法の副作用を取り除くために長い間使用されていた薬剤が、原子力災害時 の放射線被害を排除するために使用することが米国で許可された。Gizmagが伝えた。

    薬剤ニューポジェンは、白血球(感染への抵抗を担当する免疫系の最も重要な細胞)の増殖を促進する合成タンパク質。化学療法および放射線療法で白血球が減少した場合、ニューポジェンは、骨髄からの白血球の増殖、成熟、放出を促進する。

    薬剤は1991年にこのような治療薬として認可されたが、このたび米食品医薬品局はメリーランド大学での長年の研究結果を承認し、ニューポジェンは、急性放射線症候群・造血症候群(H- ARS)の治療薬として公式に認可された初の薬剤となった。

    タグ
    原発, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント