01:56 2018年11月17日
またロシア人が非難される:ロシアのハッカーが再び米国に容疑をかけられる

またロシア人が非難される:ロシアのハッカーが再び米国に容疑をかけられる

© Fotolia / Paolese
米国
短縮 URL
0 19

米国内国歳入庁は、同庁のデーターベースにロシアのハッカーが侵入したとの情報を確認している。国内国歳入庁のディーン・パターソン報道官が、リア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

27日、国内国歳入庁は、ハッキングの事実を認めたが、ハッキング容疑者については、「アマチュアではない」と指摘したのみで、明らかにしなかった。

先にCNNテレビは、国内国歳入庁の情報筋の話として、米国の納税者10万人以上のデータを盗んだのは、ロシアのハッカーの可能性があると報じた。

国内国歳入庁によると、2月から5月中旬にかけてハッカー攻撃があったという。

米国の政府機関は、コンピューターネットワークに侵入したとして、ロシアや中国からのハッカーを定期的に非難している。特に最近数ヶ月の間に、米国防総省とホワイトハウスのハッキング被害にロシア人が関与した可能性があると伝えられたが、公式には確認されなかった。

関連:

米国ハッカー、ノートパソコンで「ユナイテッド」機をハイジャック
米国ハッカー「航空機の外部操作に成功した」
タグ
ハッカー, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント