21:20 2017年09月24日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    130人以上のナチ戦犯が米国から2000万ドル超を受け取っていた

    130人以上のナチ戦犯が 米国から2000万ドル超を 受け取っていた

    © AFP 2017/
    米国
    短縮 URL
    0 50241222

    第二次世界大戦中にナチ党員や戦争犯罪の実行に協力した疑いのある130人以上の人々が、米国政府から社会保障給付費として2020万ドルを受け取っていた。AP通信が、米社会保障局の報告書をもとに伝えた。

    給付費の約4分の1位にあたる570万ドルを、米国から国外退去になった後にナチスの活動に関与していたことが明らかになった人々が受け取っていた。また1400万ドル超が、ホロコースト時代にナチ党員を助けた人たちの社会保障給付費となった。なお彼らは米国で暮らしていた。

    報告書は、AP通信が調査を行ってから7か月後に作成された。

    AP通信は2014年10月20日、米政府が社会保障の給付と引き換えに、ナチス戦犯を米国から国外へ退去させたとの情報を発表した。

    伝えられたところによると、1979年から、少なくとも66人のうち38人のナチ戦犯容疑者と強制収容所の看守が、給付金として数百万ドルを受け取ったという。そのうちの4分の1の人々は、今も欧州で米法務省の資金で暮らしている。

    タグ
    歴史, 第二次世界大戦, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント