22:51 2021年04月15日
米国
短縮 URL
0 08
でフォローする

米国裁判所は米国家安全保障局(NSA)に対し、以後6ヶ月間にわたる米市民の大規模な通話履歴の収集の再開を許可した。

米国では2001年の同時多発テロ事件以降に導入されたいわゆる「愛国法」の期限が6月1日で切れている。法規定が失効したため、NSAは米市民の大規模な電話盗聴プログラムを停止していた。リアノーボスチ通信が報じた。

こうした一方で、ワシントンにある外国電子情報追跡プログラムに関する特別法廷はNSAに対し、同様の情報収集をさらに半年続けることを許可している。この期間は米国特務機関にとっては作業の新たな条件に適応するためのものになるのではないかと考えられている。

タグ
NSA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント