10:37 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    米、ロシアの西側クレジットへの道を完全にシャットダウンへ

    米、ロシアの西側クレジットへの道を完全にシャットダウンへ

    © Sputnik/ Alexandr Demyanchuk
    米国
    短縮 URL
    0 1912328

    米国はロシアに圧力を講じる新たな措置を策定中。これが発効すると、ロシアの企業は西側の融資へのアクセスがいっそ複雑になる。英タイムズ紙が19日、報じた。

    米国は、ロシア企業の西側からの融資の期日を7日に制限しようという構え。現行の制限は30日となっているが、それを一層厳格化しようというわけだ。

    ウクライナ危機まで、またその後の対露制裁が行われるまではロシア企業は無期限で融資を受けられた。融資期限は数年にも及んでいた。

    情報筋によれば、米国はロシアおよびロシア指導部に圧力を講じるため、おびただしい数のツールを用意している。情報筋によれば、米国は従来どおり、制裁の理由をロシアがウクライナ危機調整のためのミンスク合意を遂行していないこととしており、ロシアへの圧力のテーマがここ1年、米財務省の主要テーマとなっていることから、こうした圧力の厳格化が行なわれている。

    情報筋は「財務省はこの問題に関するアプローチを完全に変えた。これは今や国家安全保障の筆頭の問題となっている」と語っている。

    タグ
    制裁, 対露制裁, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント