18:27 2018年06月22日
ムーア監督

ムーア監督の米政策に関する新作「次に攻撃するのはどこだ」

© AP Photo / Carlo Allegri
米国
短縮 URL
2437

米国のドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーア氏は、米国の対外政策をテーマにした新作映画「Where to Invade Next」をトロント国際映画祭で上映すると発表した。「The Hollywood Reporter.」が伝えた。

つい最近まで、ムーア監督は、新作映画については秘密にしていた。監督は、オンライン記者会見で「秘密を今、皆さんに暴露する。実は、新作映画がある」と発表、カナダのトロントで催される国際映画祭でプレミア上映すると述べた。

ムーア監督は、次のように語っているー

「ここ最近私を捉えて離さなかったこと、この映画の中で、大多数の人々にとってジョークのもとになったこと、それは終わりなき戦争の中にある米国という問題だ。

米国が犯した軍事的冒険の何か一つが、この新作づくりのインスピレーションになったとは言えない。200Ⅰ年9月11日の世界貿易センタービルへの攻撃の後、この国には常に、敵が必要不可欠だったのだ。

『我々の次の敵はどこに?』と叫ぶ事で、我々は、軍産複合体全体を浮かび上がらせ、ビジネスで大金を作りだす会社を支えることができる。」

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント