02:01 2018年12月12日
米国、中国への報復的サイバー攻撃を検討

米国、中国への報復的サイバー攻撃を検討

© Fotolia / Tomasz Zajda
米国
短縮 URL
0 012

米国のオバマ政権は、米国は中国に報復的サイバー攻撃を行うべきだ、と考えている。米国は、中国が米国人の個人データに侵入し、それを盗んでいるとして、中国を非難している。ニューヨークタイムズが報じた。

先に、サイバー攻撃により、連邦人事管理局(OPM)から米国人400万人の個人情報が盗まれたことが分かった。複数の米国メディアが米政府の情報として、それが中国からの攻撃であることを報じた。

従来の防諜態勢による通常の戦い方ではハッカー攻撃の規模に太刀打ちできないとの結論がとられ、今回の政府決定に至った。多数の会合を重ねる中で役人らによって策定された新形態の防諜による複合的な戦法は、外交的抗議や著名な中国人エージェントの米国からの追放といった主に象徴的な措置から、ハッカー攻撃をめぐって紛争が激化しかねない恐れをともなうような、より重大な行動までを含むという。

タグ
中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント