13:15 2018年12月12日
米国防総省がサイバー攻撃で、ロシア人ハッカーの疑惑が取り沙汰

米国防総省がサイバー攻撃で、ロシア人ハッカーの疑惑が取り沙汰

© Fotolia / ranczandras
米国
短縮 URL
0 05

NBCニュースが複数の匿名の米役人からの情報として報じたところでは、米国防総省が「強力なサイバーテロ」を受けた。参謀本部の機密性を持たない電子メールシステムのコンピューターが被害を受けた模様。役人らはテロの裏にはロシア人ハッカーの存在があると疑っている。

情報筋によれば、サイバー攻撃は7月25日に開始され、米連合参謀本部の軍人、民間の職員およそ4千人が被害にあった。情報筋は、ハッカーらはソーシャルネットのアカウントを通じて攻撃を組織した可能性があると語っている。

攻撃によって機密情報は一切漏れておらず、ハッカーが破壊に成功したのは機密性のない通常のメールだけだった。

国防総省はサイバーテロが発覚したあと、直ちに参謀本部のメールシステムを完全にシャットダウンしている。破壊されたシステムの修復は今週末までに完了予定。
情報筋は攻撃を画策したのがロシア政府か、民間人かは現時点では特定できないとしながらも、国家とかかわりのある人物であったことは間違いないとの見方をあらわしている。

 

 

関連:

ハッカーグループ:「IS」による処刑リハーサル・ビデオをマケイン上院議員の同僚のフラッシュドライブから公表
ドイツの地対空ミサイル複合体はハッカーらが制御している
ハッカー集団「サイバーベルクト」 ウクライナのボランティア大隊による犯罪の事実を暴く
タグ
ハッカー, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント