09:02 2018年07月17日
米無人機「Reaper」

アメリカン·ドリーム:無人機をもっと、情報をもっと、死体をもっと

© AP Photo / Leslie Pratt, US Air Force
米国
短縮 URL
1114

米軍はこの4年間で無人機を倍増させ、各地の紛争に使っている。国防総省員の言葉としてThe Wall Street Journalが伝えた。

パトロール用の無人機だけでその量は2019年までに現在の一日当たり61機から90機まで増える。無人機MQ-1 Predatorおよびその最新版MQ-9 Reaperが投入される軍事オペレーションの数も増大する。操縦は米陸・海・空軍兵のほか、旧式の無人機であれば、偵察ミッションに限り、請負業者にも任される。

米当局はこれまで各地の対テロ戦に無人機を使用してきた。人権団体の訴えでは、無人機による攻撃ではしばしば市民が死亡している。2013年、Amnesty Internationalは、タリバンが活発に活動するパキスタンの北ヴァジリスタン地域に対し2012年1月から2013年8月にかけて違法に無人機が使われた例が45件あったとする発表を行った。2009年以来、無人機による攻撃で3000人あまりが死亡しているという。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント