10:51 2020年10月22日
米国
短縮 URL
0 80
でフォローする

Googleとコンピューター大手の Apple および Microsoftは米国政権の要請を蹴って、ユーザーのメールへのアクセスを開くことを拒否した。ニューヨークタイムズ紙が消息筋からの情報を引用して報じた。

これまで米国政権は再三にわたりインターネット、コンピューター産業の大手に対し、民間のデーターへのアクセス提供を要請していた。

最近では2015年夏にこうした要請があった。米法務省はApple社に対し、兵器、麻薬の拡散に関与した疑いがある市民のメールを提供するよう要請していた。

消息筋によると、こうしたコンピューター大手の非開示性はスノーデン氏の行為と関連がある。米国ではより多くの企業が自社クライアントの情報を守る姿勢を見せている。

タグ
インターネット, Microsoft, Google, Apple, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント