23:47 2018年06月22日
手錠

米アーカンソー州で10年ぶりに死刑復活へ

© Fotolia / ViewApart
米国
短縮 URL
404

米アーカンソー州で10年ぶりに10月から死刑が再開される。9日、同州のアサ・ハチンソン知事が明らかにした。

知事によれば、今年から来年2016年初めにかけ、6人に死刑が執行される。

アーカンソー州は2005年より現在に至るまで米国南部の州の中では唯一最高刑の執行手段として死刑を用いていない。その理由は、ここ数年にわたり司法の場で毒の注入による刑執行の合法的をめぐって意見がまとまらないためと、注入のために必要な毒が不足しているため。アーカンソー州知事の代表らは、この2つの要素は解決されたと 語っている。

米国の多くの州ではここ数年、死刑執行用の毒不足に悩まされている。これは毒を生産する欧州のメーカーが死刑執行に使われることを理由に米国への輸出を停止したため。

米国ではあわせて31の州で死刑執行が許可されている。2015年4月の時点で米国全体で死刑執行を待つ受刑者の数は3002人。そのうち35人がアーカンソー州にいる。米国では1976年から死刑が復活しており、2015年9月までに1414人に執行されている。死刑の主な執行手段は毒の注入。

 

 

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント