02:06 2018年06月19日
ドナルド・トランプ氏

トランプ氏、米国の問題は銃ではなく、精神を病んだ市民

© REUTERS / Jim Young
米国
短縮 URL
3514

2016年米大統領選挙の共和党候補者指名争いに名乗りをあげているドナルド・トランプ氏は、米国の問題は武器ではなく、精神病にあるとの確信を示した。NBCニュースが報じている。

米国の大学で再び銃乱射事件 10人死亡
© REUTERS / Michael Sullivan/The News-Review
トランプ氏はオレゴン州のカレッジで起きた銃殺事件で多数の死者がでたことに関連し、抗した声明を表した。トランプ氏はオバマ大統領が事件後に表したメッセージで大規模な暴力を阻止する策をとる必要性を述べたことに言及し、「武器を持つか否かといったことに意味があるのではない。今、我々のところには信じがたいようなことを犯そうとする精神的に病気の人間がいるということだ」と語った。

これより前、オレゴン州のアンプクワ・コミュニティー・カレッジで学生の1人が同級生に発表する事件が起きた。この結果、9人が死亡。事件後、発砲した26歳の男性は13丁の銃器を所持しており、そのうち5丁のピストルと猟銃を持って登校していたことがわかっている。

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント