13:21 2018年11月16日
米国 ドイツ銀行に対ロシア制裁違反の疑い

米国 ドイツ銀行に対ロシア制裁違反の疑い

© Flickr/ Elliott Brown
米国
短縮 URL
2120

米法務省とニューヨーク金融サービス局(NYDFS)は、自分達がロシアとの関係で導入した制裁措置に違反した疑いがあるとして、ドイツ銀行(Deutsche Bank)に対する調査の規模を拡大した。新聞「ファイナンシャル・タイムズ」が、消息筋の情報として報じた。銀行の外貨売買取引について、チェックが行われる。

報道によれば、調査の枠内では特に、所謂「ミラー取引」に大きな注意が割かれる見込みだ。この取引の中で、ロシアのクライアントは、ドイツ銀行のモスクワ支店を通じて、ルーブルで有価証券を買い、その後、ロンドン支店を通じてドルなどの外貨で、それを売ったという。

消息筋によれば、米法務省とニューヨーク金融サービス局は、ドイツ銀行の60億ドル分の商取引を調査している。また米当局は、ドイツ銀行を通じて行われる商取引により、ロシアのクライアントが自分の資金を国外に持ち出す事ができるかどうかについても、検査している。

先にドイツ銀行は、大規模な組織上の変更や人事異動を明らかにした。監査役会は、部署の一部改編や解散を決める考えで、それに伴い、トップマネージャーの何人かが解雇される予定だ。

タグ
ロシア, ドイツ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント