23:48 2017年11月22日
東京+ 7°C
モスクワ-1°C
    難民

    米国22州 パリ連続テロの後、シリア難民の受け入れを拒否

    © AFP 2017/ Aris Messinis
    米国
    短縮 URL
    2782110

    フランスのパリでテロが発生した後、米国の50州のうち22州の知事が、シリア難民の受け入れを拒否した。CNNが17日、報じた。

    CNNによると、シリア難民の受け入れに賛成しているのは、今のところコネチカット州とペンシルバニア州の2つだけで、テキサス州、フロリダ州、カンザス州、オクラホマ州、アイオワ州などが反対しているという。

    先に米下院国土安全保障委員会のマッコール委員長は、オバマ大統領にシリア難民受け入れプログラムの停止を訴えた。16日、実業家のドナルド・トランプ氏、テキサス州のテッド・クルーズ上院議員、ケンタッキー州のランド・ポール上院議員など、米大統領選挙の共和党の大多数の候補者も、難民受け入れプログラムの停止を支持した。また世論調査でトップに立った元神経外科医のベン・カーソン氏は、「一刻も早い」停止を求めた。

    一方で米国務省のトナー副報道官は16日、シリア難民受け入れプログラムを変更する予定はないとし、米国は引き続き2016年にシリア難民を少なくとも1万人受け入れるという大統領の計画に従う方針だと発表した。

     

    関連:

    パリのテロリストら、連絡にPlayStation4を使用か
    パリ連続テロ事件 警察が6人を拘束
    パリのバタクラン劇場 目撃者がテロ開始から数秒間を撮影 (動画)
    パリ市民、テロの負傷者のために列をなして献血
    タグ
    移民, フランス, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント