03:29 2018年07月23日
クリスマスに米国では27人が銃火器により死亡した

クリスマスに米国では27人が銃火器により死亡した

© AP Photo / Mohammad Hannon
米国
短縮 URL
0 60

米国ではクリスマス当日に銃火器により27人が死亡、63人が負傷し、2人が自殺した。ワシントンポスト紙が銃犯罪の情報をチェックする非営利団体「ガン・バイオレンス・アチーブ」のデータをもとに報じた。

このデータは、米国では暴力に休日も祝日もない、ということの暗鬱な示唆だ、と同紙。

この一年間、オーストリア、ノルウェー、ニュージーランド、スロベニア、エストニア、香港、アイスランド、バミューダ諸島では合計27人が銃火器により死亡した。同じだけの人数が米国ではクリスマスの一日で死亡したのだ。

しかもこのうち少なくとも2件が、一度に4人以上の命を奪う大量射殺と見られている。

「ガン・バオイレンス・アチーブ」の調べでは、米国では毎日36人が銃火器により死亡している。よってクリスマスは例外というよりは、平常通りだったのだ。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント