09:08 2018年07月17日
米特務機関 オバマ大統領に新年休暇期間中のテロの脅威を警告

米特務機関 オバマ大統領に新年休暇期間中のテロの脅威を警告

© AP Photo / Jose Luis Magana
米国
短縮 URL
1104

米国では、クリスマス及び新年休暇の期間中に、ニューヨーク及びロサンゼルス、そしてワシントンの三都市で、テロ事件が起きる可能性がある。これについては、米国の複数の特務機関の指導部が、オバマ大統領のハワイでの休暇入りを前に、大統領に報告した。Foxテレビが伝えた。

米当局の匿名の代表が記者団に伝えた所では「テロが起きる可能性がある」との情報は、所謂「たれこみ」に基づいたものだ。安全保障上の観点から見て、最も危険な場所は、Foxテレビの指摘によれば、不特定多数の人々が集まる大規模な屋外イベント会場や交通機関の乗り換えターミナルなどだ。

米国の治安機関の代表者は「テロの脅威は、国外からのものだ」と指摘している。

タグ
テロ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント