12:02 2018年09月21日
ケリー国務長官

米国務長官「もしサウジが核兵器を入手したら、待ち受けるのはイランと同じ運命」

© AFP 2018 / Abbas Momani
米国
短縮 URL
2108

月曜日ケリー国務長官は「サウジアラビアは、核兵器の入手が極めて達成困難な課題であり、(もし入手したとしても)対イラン関係の急激な悪化を背景に、国の安全保障のレベルを上げる事にはつながらないことを自覚している」と述べた。

サウジが核兵器を入手するのではないかとの見方は、それが仮説であったとしても、サウジには十分それを行える豊かな資金力がある事から、ケリー国務長官の関心を引いている。これについて、ケリー国務長官は「核拡散防止体制に違反するような事になれば、サウジは、自分達が思っても見なかったような辛い結果を招くことになるだろう」と指摘した。

ケリー長官は、次のように述べている―

「非常の多くの(好ましくない)結果を生む。大変深刻な『合併症』を伴うことになるだろう。サウジアラビアも、自分達が、より安全な状態に置かれるとは思っていないと信じる。核兵器を手に入れるのは、容易なことではないだろう。なぜなら、サウジ当局は、イランが核拡散防止体制を背景に経験したようなこと、つまり制裁や査察などのもとに置かれるからだ。」


タグ
核兵器, イラン, サウジアラビア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント