11:14 2017年09月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 6°C
    米国 欧州にとって主要な脅威を発表:北からの脅威はロシア、南からの脅威は「ダーイシュ(IS)」

    米国 欧州にとって主要な脅威を発表:北からの脅威はロシア、南からの脅威は「ダーイシュ(IS)」

    © AP Photo/ Susan Walsh
    米国
    短縮 URL
    201129044

    アメリカ欧州軍(USEUCOM)は、「ロシアの侵略の封じ込め」を同軍の最優先課題として定めた。26日にUSEUCOMのサイトで発表された、同軍の刷新された欧州戦略の中で述べられている。

    同戦略を作成したのは、NATO欧州連合軍のフィリップ・ブリードラブ最高司令官。ロシアは戦略の中で、「欧州における隣国の主権を尊重していない」、また特にシリアなど、ロシアがUSEUCOMの管轄外で行動しているとして、主要な脅威とされている。USEUCOMの戦略の中では、次のように述べられている‐

    「ロシアは、様々な地域の我々の同盟国やパートナーに大きな挑戦を突きつけており、これはグローバルな反応が必要とされる世界的な問題だ」。

    2012年の戦略では、ロシアは「潜在的パートナー」とされており、ロシアと「カギとなる関係」を構築することが可能だとされていたため、大きな変化が生じたと言える。

    ロシアはEUCOMの戦略で、東と北からの脅威とされており、欧州にとって南からの脅威は、「ダーイシュ(IS、イスラム国)」だと考えられている。

    タグ
    露米関係, EU, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント