20:17 2017年08月19日
東京+ 25°C
モスクワ+ 28°C
    米国人、パリ連続テロ後モスク爆破予告を行っていた罪を認める

    米国人、パリ連続テロ後モスク爆破予告を行っていた罪を認める

    © Fotolia/ Alan Crosthwaite
    米国
    短縮 URL
    221250

    米フロリダ州の住人が裁判で、11月のパリ連続テロ後すぐに2つのモスクの爆破予告を行っていたことを認めた。米法務省の情報としてロイターが伝えた。

    セミノル市のマーティン・アラン・シュニッツラー氏は宗教的不寛容の容疑をかけられている。同氏は昨年11月13日、2つのモスクに電話をかけ、モスクを爆破し、信者を射殺する、と警告した。これはパリのテロに対する復讐だ、とのことだった。

    同氏は公判で容疑を認めている。最大で禁固20年の可能性があるが、実際にははるかに軽い量刑になる見込み。

    イスラム教徒が襲撃された先日の事件を受け、複数の州でモスクの警備が強化されている。

    タグ
    イスラム教, テロ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント