06:16 2018年07月16日
米国、北朝鮮プロパガンダ対策のためフラッシュドライブを大量収集

米国、北朝鮮プロパガンダ対策のためフラッシュドライブを大量収集

© AFP 2018 / Ed Jones
米国
短縮 URL
645

ニューヨークの人権団体および非営利組織「フォーラム280」は「フラッシュ・ドライヴス・フォー・フリーダム」キャンペーンの枠内で北朝鮮プロパガンダに対抗するためフラッシュドライブの大量収集を始めた。

金正恩氏
© AP Photo / David Guttenfelder
フラッシュドライブは北朝鮮戦略センターのソウル本部に送られ、そこで欧米・韓国製の映画やTV番組を書き込まれる。のち、違法に北朝鮮に運び込まれ、住民に配布される。このような形で、禁じられた欧米文化に親しんでもらおう、という企画だ。

以前は人権団体が市販のものを自費で買っていた。年間10万個ほどのUSBメモリを集めることができたという。

関連:

Twitter テロとの戦いの過程で12万5千以上のアカウント閉鎖
北朝鮮 韓国にタバコの吸殻らや使用済みトイレットペーパーを飛ばす
日本、北朝鮮との境界付近におけるプロパガンダ放送の激化を危惧
タグ
北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント