01:32 2020年10月31日
米国
短縮 URL
1411
でフォローする

セルビアは米国およびリビア当局に説明を求めている。セルビアは、計画的空爆について、知らされていなかった。ワシントンには通牒が送られる。 セルビアのイビツァ・ダチチ外務大臣が記者会見で語った。

一方、セルビア情報セキュリティ局のイワン・トドロフ代表によれば、セルビアは拉致された人と拉致を行ったグループの所在に関する情報を持っていたという。リビアの地方当局は「重大作戦に最適な時期を待っていた」。

ダチチ外相によれば、位置データはたとえば米国の政府機関との連携の中で得られたものであり、誤解すなわち「連絡ミス」がなかったかどうかが問題になる。

外相によれば、犯人は身代金を要求しており、セルビアの諜報機関もそれを知っており、空爆がなければ問題が無事解決されただろうことを示す一定の兆候があった。

「空爆がなければこのような結末もなかった。犯人は人質を殺す気はなかった。彼らは金銭的利益を求めていたのだ」

タグ
米国, セルビア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント