02:01 2018年05月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 20°C
    「エネルゴマシ」

    米上院議員:ロシア製ロケットエンジンの購入拒否は国防総省にとって損失

    © AP Photo / Maxim Marmur
    米国
    短縮 URL
    190

    ロシア製ロケットエンジンRD-180購入を拒否すれば、国防総省にとっては損失である。政府は決定を急ぐべきではない。米国連邦議会上院議員リチャード・シェルビー氏(アラバマ州選出)がウォールストリートジャーナル電子版に日曜、寄稿した。

    米国が「ロシアへの依存を減らす」べきであることは確かだが、米国が即時にRD-180を使用しなくなった場合、米国製の類似品の信頼性が高くないため、米軍が「危険な立場に置かれかねない」という。

    シェルビー氏は、国防総省が軍事衛星打ち上げロケット「アトラス5」にRD-180を使用することに最も激しく反対している上院議員ジョン・マケイン氏(共和党、アリゾナ州)の提出した法案を批判した。

    マケイン氏はすでに一度RD-180の購入禁止を達成しており、それによりアトラス5を運用するコンソーシアム、ユナイテッド・ローンチ・アライアンスが難しい立場に追いやられた。昨年12月、米国議会は制限を撤廃し、その後マケイン氏は制限の再導入に関する法案を提出した。

    タグ
    露米関係, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント