02:00 2018年01月20日
東京+ 7°C
モスクワ-8°C
    芝刈り

    米カンザス州で男が銃乱射 3人死亡14人負傷

    © 写真: sacks08
    米国
    短縮 URL
    0 10

    米国で又、銃の乱射事件が起き、人命が失われた。AP通信によれば、25日夕方、米国中西部カンザス州のヘストンで、芝刈り機製造会社に勤務する男性が、駐車場と建物の中で銃を乱射し、同僚3人が死亡、14人が負傷した。

    地元新聞「ヘストン・レコード」の報道では、犯人は30代の黒人男性で、過去に強盗など複数の犯罪で逮捕された経歴があり、ライフル銃と見られる「長い武器」とピストルで武装していた。なお犯人は、警官隊により銃殺された。

    米国市民には、憲法の修正第二条により、武器を所持する権利が保障されている。完全な形での武器所持及び携帯の自由については、伝統的に、共和党が支持しており、議会には、銃規制に反対する強力なロビーも存在する。

    民主党選出のオバマ大統領は、その任期中、米国における銃規制強化を試みてきたが、共和党が多数派を占める議会では、絶えず、大統領のそうしたイニシアチブの実現が阻まれてきた。

    昨年10月初め、オレゴン州の大学で銃乱射事件が起きた後、オバマ大統領は「公共の場でのこうした事件は、もはや普通の事になってしまった」と嘆いた。

    現在行われている、米大統領選挙に向けた、民主・共和両党の候補者指名争いでも、銃規制問題は、国内政治における重要なテーマの一つになっている。なお先にオバマ大統領は「銃規制に向けた現大統領の努力を受け継がない民主党候補を、自分は支持しない」とする立場を明らかにした。

    タグ
    事件, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント