20:39 2018年01月24日
東京+ 2°C
モスクワ-6°C
    露ロケットエンジンRD-180、類似製造に米国防総省が1億6200万ドルを拠出

    露ロケットエンジンRD-180、類似製造に米国防総省が1億6200万ドルを拠出

    © Sputnik/ Maksim Blinov
    米国
    短縮 URL
    0 18

    米国防総省はロシアのRD-180に代わるロケットエンジンを得るため、国内の2社との間に開発契約を締結。契約総額は1億6200万ドルを超えるとされている。

    米国、秘密の人工衛星を軌道へ投入
    © AP Photo/ The Santa Maria Times, Bryan Walton, File)
    米国防総省報道部の発表によれば、契約先はアエロジェト・ロケットダイン社とユナイテッド・ラウンチ・サービス社。

    アエロジェット・ロケットダイン社との契約額は1億1530万ドル。これにオプションがついて最高5億3600万ドルとなった。一方のユナイテッド・ラウンチ・サービス社には「ヴルカン(火山)」ロケットプロジェクトの作業に4660万ドルが支払われるが、仮に第1段階で成功した場合は1億3420万ドルが約束された。

    2社の開発終了期限は2019年12月31日まで。

    関連:

    NATO、冷戦後に最も力を入れたのは集団防衛と明言
    米誌:「プーチン大統領は、ロシア軍を『死をもたらす戦闘力』に変えた」
    タグ
    ロケット, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント