08:51 2020年10月02日
米国
短縮 URL
11316
でフォローする

今週末、米ジョージア州沖のプライベートアイランドで、米大手テクノロジー企業のトップ、ホワイトハウスの職員、共和党および民主党の代表者たちが、大富豪のドナルド・トランプ氏が米大統領になるのを阻止する方法について協議した。ハフィントン・ポスト紙が報じた。

会合を主催したのは、米国の企業研究所で、毎年開かれている世界フォーラムの枠内で開かれた。会合に詳しい消息筋がハフィントン・ポスト紙に伝えた。

フォーラムには、アップル社の最高経営責任者(CEO)ティム・クック氏、グーグル創業者のラリー・ペイジ氏、ナップスター社共同設立者の1人ショーン・パーカー氏、テスラモーターズ社とスペースX社のCEOを務めるイーロン・マスク氏や、政治家からは、共和党上院院内総務のミッチ・マコーネル氏、民主党及び共和党の上院議員と下院議員、またホワイトハウスの職員が参加した。

タグ
選挙, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント