02:33 2020年10月31日
米国
短縮 URL
153
でフォローする

南米の専門家達は、ほぼ90年ぶりとなる米国大統領のキューバ訪問をコメントし「米国は、キューバの独立と主権を尊重しながら、キューバ政府と話している」と指摘した。

また専門家らは、次のように述べている-

「このことは、半世紀以上続けられた闘いの中で、例外的とも言える全国民的抵抗を示したキューバ人達の争う余地のない功績となった。 オバマ大統領のキューバ訪問は、彼自身が歴史的と述べているように、そうした見方を確認するものだ。」

なお21日、オバマ大統領は、米国がキューバに対し導入した禁輸措置について「確かに撤廃されるだろう」としながらも「それがいつになるかは分からない」と認めている。

米国とキューバは2015年の夏に国交を回復している。

関連:

米共和党大統領候補 キューバからの「ロシア人放逐」を要求
キューバ、誤って送り届けられた練習用ミサイルを米国に返還
キューバで大晦日に猿の鼻をもつ子豚が生まれる
タグ
バラク・オバマ, 米国, キューバ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント