18:20 2019年12月11日
日本から運ばれるプルトニウム331キロ 米国で「埋葬」

日本から運ばれるプルトニウム331キロ 米国で「埋葬」

© 写真 : Public domain
米国
短縮 URL
293
でフォローする

日本から米国に運ばれるプルトニウム331キロは、ニューメキシコ州にある地下貯蔵庫に「葬られる」ことになる。

プルトニウムは、サウスカロライナ州サヴァンナ-リヴァー核施設にまず移送されたあと、活性状態を低くした上で、最終的に「埋葬」される予定だ。

米ソ冷戦時代、331キロのプルトニウムが日本に供与された。この量は、40から50発もの核爆弾を準備できるものである。

プルトニウムは、高濃度放射性物質の輸送が可能な英国の軍艦「Pacific Egret」で米国に向け輸送されているが、船が航行するルートについては、安全上の観点から極秘となっている。

タグ
日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント