01:00 2020年07月10日
米国
短縮 URL
21035
でフォローする

米大統領選挙に向けた民主党候補者指名争いに出馬しているヒラリー・クリントン氏は、米国は中国企業に対して米国市場へのアクセスを遮断することができるとの考えを表した。

クリントン氏は、次のように語った‐

「中国は不法に我々の市場を安価な商品で埋め尽くし、我々の企業秘密を盗み、自国通貨を操作し、米国企業に対する差別的な措置を実施している。私が大統領になったら、彼らは共通のルールに従うことになる。そうでなければ、彼らは我々の市場へのアクセスを獲得できないだろう…」

一方で専門家たちは、恐らくこれは米国内の消費者向けのプロパガンダにすぎないと指摘している。

中国はすでに世界一の経済大国の役割を主張しているため、実際に米国が中国に影響を与える可能性は非常に限られている。

タグ
ヒラリー・クリントン, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント