09:09 2017年10月24日
東京+ 14°C
モスクワ-1°C
    自由の女神像

    フォーリン・ポリシー:米国は民主主義の輸出で成功していない

    © AP Photo/ Richard Drew
    米国
    短縮 URL
    1515180

    ハーバード大学国際関係学部の教授で政治学者のスティーブン・ウォルト氏は、フォーリン・ポリシー誌向けの論文の中で、米国は他の国で積極的に民主主義体制を確立するのをやめるべきだとの考えを表した。

    ウォルト氏は、民主主義を広めるための軍事力の行使は明らかに失敗に終わるアイデアだとの確信を示し、複数の論拠を示している。

    一つは、成功した民主主義体制が外部によって確立されることはなく、民主主主義体制の確立を成功させるためには、新憲法を作成し、選挙を実施するだけでは不十分だが、米国はまさにこのような道を進んでいる。

    2つ目は、外国で民主主義を確立する際の軍事力の行使は、国内の激しい反発に直面することが多々あり、厳重に武装した占領者から命令を受けるのを好む人は少ない。

    その他にも、武力行使は残酷な行為の正当化につながり、専制的指導者にその影響力を強める機会を与える。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント