16:36 2017年09月20日
東京+ 24°C
モスクワ+ 12°C
    手紙

    米郵便配達員、44万3千ドルの税還付金の通知書を着服

    © Fotolia/ Wiski
    米国
    短縮 URL
    0 17301

    米で元郵便配達員が詐欺容疑で訴えられた。リアノーボスト通信がAP通信の報道を引用して伝えたところによれば、ニュジャージー郵便局で勤務していたエルル・シャンペン被告は税の還付金の72枚にのぼるチェックを着服していたことを認めた。還付金額は総額44万3千ドルにのぼる。

    シャンペン被告自身はチェックの金額を受け取らず、これを第三者にチェック1枚あたり50ドルで売却していた。

    シャンペン被告には郵便物および政府所有物の横領の罪が問われており、それぞれの罪に対し、15年の禁固刑が下される恐れがある。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント