20:21 2017年10月17日
東京+ 15°C
モスクワ+ 11°C
    ヒラリー・クリントン氏

    FT:電子メールスキャンダルは、クリントン氏の選挙キャンペーンを妨げている

    © AP Photo/ Evan Vucci
    米国
    短縮 URL
    1665210

    米元国務長官のヒラリー・クリントン氏が私用メールアドレスを公務で使用していたスキャンダルは、同氏が選挙キャンペーンを効果的に行う妨げとなっている。フィナンシャル・タイムズ紙が報じた。

    米連邦捜査局(FBI)は数か月にわたってクリントン氏が米ニューヨークで機密情報を含むメールの送信に私用電子メールアドレスを使っていたか突き止めようとしている。

    ニューヨーク大学のダグラス・コックス教授によると、刑事告発するためには、クリントン氏がメールを送信する際に文書の機密性について知っていたことを証明する必要があるという。

    なおクリントン氏の他にも複数の人々に対する調査が行われている。

    クリントン氏に近い匿名の消息筋は、もしクリントン氏の側近の一人が告発された場合、その人物は選挙キャンペーンへの影響を少なくするために直ちに辞任するという。

    タグ
    選挙, ヒラリー・クリントン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント